福祉施設の種類|介護付有料老人ホームで素敵な老後を送るために

介護付有料老人ホームなどの介護施設の種類について

施設を見学するときは

実際に入居する施設を選ぶ際には必ず見学を行いましょう。ホームページの情報やパンフレットの情報だけで決めてしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。施設を見学するまでの流れについてみていきましょう。

施設見学までの流れ

情報を集める

まずどの施設に見学にいくのかを決めなくてはいけませんが、そのためには情報収集が必要です。介護施設にはどういったものがあるのか、自分や自分の家族が利用するのにピッタリな施設はどういった施設なのかといったことに注目しながら情報を集めていきましょう。

問い合わせる

情報収集が終わったら実際に施設に問い合わせていきましょう。良い施設を見つけるコツは一つに絞らずに複数候補を選んでおくということです。ピックアップした施設全てに連絡を入れて、見学するようにすると良いでしょう。

実際に見学する

問い合わせを行ったら日程を合わせて実際に施設を見学していきます。施設の見学が終わると入居に関しての説明がある場合がほとんどなので、このときに色々と質問できるよう、事前に質問内容をいくつか考えておくと良いでしょう。

福祉施設の種類

おもちゃの家

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは常に何かしらの介護を必要とする人で、自宅で介護を行っていくのが難しいと判断された人が利用できる施設になります。特別養護老人ホームはその地域の自治体などが運営している施設になります。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は自宅へ戻り、たまにリハビリなどを行う施設です。何かしらの病気で入院し退院が近づいてきたものの、自宅に戻り通常通りに生活を送っていくのはまだ難しいのではないかと判断したときに利用する施設になります。

介護付有料老人ホーム

広島にある介護付有料老人ホームは、介護が必要な人が自宅に代わる生活の場として利用できる施設です。24時間体制で手厚い介護が受けられるといった特徴があり、入居者としても家族としても安心して利用することができる施設です。

ケアハウス

家族との同居が難しいという特別な事情を抱えた方が入居する福祉施設「ケアハウス」。自治体の助成をうけて利用できる福祉施設で、利用料が低額で済むといった特徴があります。ただ人気が高く、空きを待っている待機者も多いようです。